INFORMATION

新しいEos 4 と Eos 3、 カーボンクリンチャー/チューブレスモデル

2018.09.23

2018モデルの中で、Aresシリーズのアップグレード仕様としてラインアップされていた7.0バージョンは終了し、代わって、そのスペックを受け継ぐのが、ニューEosシリーズとなります。

 

今度のEosは、Aresとリム・スポークを共有しながらも、フロントホイールはスポークカウントを14本とし、SAPIM Speedより薄く軽量なCX-Rayで組まれています。また、ハブはグレーのアーマーコートを施し、Enduroベアリングの中でもハイブリッドセラミックの最上位モデルXD-15を搭載しています。(注:フリーハブボディ内はスティールベアリング)

 

Eosシリーズのリムハイトは、42mm、32mmの2種類をご用意しています。

Aresに加え、更にゴージャスな走行フィールをご希望の方にお勧めいたします。

【重要】Eos3 販売無期限休止のお知らせ

2018.05

ロルフプリマのロードカーボンラインで人気の「Eos3」ですが、ロルフプリマよりこの度販売を無期限に休止するとの発表がありました。

理由としましては、原材料に使用している高品質のカーボン素材の安定供給が確保できないこと、また世界的に原材料のコストアップによる現在の価格での提供が難しいことです。

ロルフプリマ本社からのアナウンスが再び入手できました際は、本サイトにてお知らせいたします。

MTBラインに「Black Rock」デビュー!

ロルフファクトリーチームの連中は、Alsea(アルシー)に乗ると正直、トレイルを流れるように走りその俊敏さについついスピードを欲してしまいがちになる。 また、我々のサポーターの中には、さらにもっとかっ飛んて行けるよう、軽くて強いカーボンホイールを求めていたことも事実だ。

 

そしてそれこそが、今回デビューしたBlack Rock(ブラックロック)。

 

27.5インチサイズのチューブレス仕様リムを、前後24本スポークのアメリカ製XSTハブで組み、前後セットで1,600gに満たない仕上がりは、ダウンヒラーに取っても待望のホイールになるでしょう。

(スペック詳細はリストをご参照ください。)

ごあいさつ

当JSKサイクリングフォースは、ロルフプリマホイールを専門に扱う輸入代理店として、2011年9月にビジネスを始動し、はや、5年半が経過いたしました。

同時にオープンいたしましたブログサイトも、この期間に約51万ものアクセスを頂戴し、皆さまからの注目度の高さ、また温かいご支持を実感し、ここに心より感謝申し上げます。

そして、微力ながら、その感謝の意を表す一つの手段といたしまして、本日2017年4月1日より、従来のブログサイト改め、新しいホームページを開設させていただくことになりました。

今後は、一層充実した内容でお届けできますよう努めて参りますので、皆様の引き続きのご閲覧を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

尚、2018年モデルの発表は、8月以降を予定しておりますので、本サイトにご注目ください。

JSKサイクリングフォース 代表 辻 丈介