Rolf Primaについて

創始者Rolf Dietrich(ロルフ・デートリッヒ)氏が、ペアスポークを思い付き世に問うたのが1990年代前半のこと。当時、決戦用ロードレースホイールと言えば、軽量アルミリムに32本のスポークが均等に配置されたホイールが定番でした。しかし後輪にトルクが掛かる時、テンションを担うスポーク(pulling spoke) は主に駆動側の数本。そこで考えられたのはフランジを跨いでpulling spokeを増やすことはできないのか、スポーク本数を減らして尚、頑強なホイールは実現できないか、これらについて長年研究を重ねた結果、現在の特徴的なペアスポークシステムに辿り着いたのです。

Rolf PRIMA(ロルフプリマ)社は、ホイールの研究開発、生産から販売、アフターケアに至るまですべて行う、米国オレゴン州ユージーンにある企業です。従業員は僅か十数名で、それぞれがアドベンチャーやレースをこよなく愛し、自転車に造詣が深い技術集団です。ホイールは自社工場ですべてハンドビルドによる受注生産方式を取っており、アルミリムは自社工場内で製造。 全米を中心にその技術と実績は高く評価さており、その活躍の場は、トライアスロンを中心に、ロード、トラック、シクロクロス、MTBと多岐に亘っています。